ここからサイト内共通メニューです。

甘夏みかんを使ったちらし寿司レシピを紹介します♪

甘夏寿司の作り方

<材料(4~5人前)>

甘夏みかん大1個(果汁と果実に分ける)
【すし飯】米3合、すし酢50cc、甘夏果汁60cc
【含め煮】干し椎茸4~5枚、かんぴょう20g、だし(干し椎茸の戻し汁を含む)1カップ、
素精糖大さじ3、酒・みりん・醤油各大さじ2
【卵焼き】卵6個、素精糖大さじ6弱、真塩小さじ1/2、なたね油大さじ3
【混ぜ込み】人参小さめ1/2本、塩少々、味付いなり揚げ5枚
【トッピング】甘夏の果実、大葉千切り、焼きのり太めの千切り

<作り方>

①干し椎茸とかんぴょうは別々に戻し、椎茸は水気を絞って軸を除く。
②鍋にだし・素精糖を温め①を4~5分間煮る。酒・みりん・醤油を加え、落し蓋をして弱火で汁気がなくなるまで煮る。
 冷めたら椎茸は5mm幅、かんぴょうは2mmに切る。

③卵6個をボウルに割り、素精糖と塩を入れ、卵白を切るように混ぜる。
 フライパンになたね油を強火で熱して卵を一気に入れ、箸でかき回しながらまとめていき、最後は弱火にして中まで火を通す。
 2cm位のサイコロ状に切る。

④人参は千切りにし、塩少々をふってしんなりしたら絞る。味付いなり揚げは縦半分に切ってから細切りにする。
⑤甘夏を横にして半分よりずらして切り、小さい方の実の果汁を絞り、大きい方の袋を取って実をほぐしておく。
⑥炊きあがったご飯をすしおけにあけ、甘夏の果汁とすし酢を合わせた110ccをご飯に回しかけ、ヘラで素早く切るように混ぜる。
⑦⑥に②と④を混ぜ込み、焼きのり、卵焼き、甘夏、大葉の順にトッピングする。

生活クラブ栃木機関紙「食時間2月号」より

生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

生活クラブ栃木 公式SNSでお役立ち情報を配信中!
本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。