9月22日 「まるごと生産者を訪ねる旅」を開催しました

まるごと生産者を訪ねる旅

2008年2月に発足した『まるごと栃木生活クラブ提携産地協議会』は、栃木の耕種農家(*)、畜産農家(乳牛、肉牛、養豚)、酪農家、生活クラブ組合員が一体となり、食料自給力を高める活動に取り組むとともに、生産者と組合員の様々な交流事業も行なってきました。今年は『お肉もお野菜も牛乳もお米も まるごと生産者を訪ねる旅』と称して生産の現場を見るツアーを行いました。

(*)耕種農家:田畑を耕し、作物を作る農家

生活クラブ栃木機関紙「食時間11月号」より抜粋

生活クラブ連合会「生産者を訪ねる旅」ページへ

ページの先頭に戻る