6月18日 牛乳工場見学開催しました

生活クラブが始まるきっかけとなった牛乳。今でも代表選手として、多くの組合員さんに利用されています。そのパスチャライズド牛乳が作られている工場を大人目線で見学してみませんか?ということで、牛乳の学習会、工場内の見学と、牛乳の試飲とアイスの試食、工場を出て「カンブリア宮殿」で紹介された牛舎見学など、初夏の那須でパスチャライズド牛乳の魅力を再発見しました!!

 

~参加者より感想をいただきました~

「カンブリア宮殿」のあの人に会う

 この度、家族みんなで「おとなの牛乳工場見学」に参加させていただきました。

 パスチャライズド牛乳の生産工場では、生活クラブの牛乳の製造方法(工程)や一般的な牛乳との栄養価の違いなどを知ることができ、「へぇ〜! 凄い!」と驚きが沢山の時間となりました。

 その後、実際に新生酪農(牛乳工場)に原乳を出している牛舎の見学に行きました。入り口で迎え入れてくれたのは、「カンブリア宮殿」で一躍有名となったグリーンの作業着姿のあのお方でした。特別なビニール製の簡易足カバーを履き、いざ牛舎へ。小さな牛の頭が柵からひょこっと顔を出し、挨拶をしてくれました。次に生後5日というまだ生まれて間もない可愛らしい赤ちゃん牛にも会うことができました。そして、いよいよ搾乳装置のある建物の中へ。そこでは、それぞれの牛の繁殖の時期がデータで見えることや実際にどのような装置で搾乳されているかなどを知ることができました。牛舎には予想を超える数の牛がひしめき合い、けれども牛のリラックスした様子からは、良い環境で育てられていることがよく伝わってきました。

 今回の見学会は、生産者が消費者のことを真剣に考え、質の良いものを提供してくださる姿勢が真摯に伝わるとても素晴らしい時間となりました。子どもたちにとっても刺激のある素敵な機会となりました。このような企画を考えてくださりありがとうございました。(K.T)

生活クラブ栃木機関紙「食時間7月号」より抜粋

ページの先頭に戻る