5月20日 田植え交流会が行われました

田植え交流会報告

「どではら会と田植えをしよう!」が開催されました

晴天に恵まれ、東京からの組合員もあわせて74名の参加となりました。

生活クラブで取組んでいる「黒磯米」は栃木で作られています。その生産者である『どではら会』と交流するための田んぼが那須塩原市鍋掛にあります。『どではら会』の皆さんは早朝から田植えの準備を、婦人部の皆さんは昼食の準備をしてくださいました。炊いた米は5升!ピカピカ光るおにぎりは一粒一粒に甘味と弾力があり格別でした。東京組の到着を待つ間にも、カエル、ドジョウ、タニシを次々に捕まえだす子どもたち。どではら会の皆さんから本格的な捕り方を伝授され、楽しい交流が始まっていました。

   さあ、みんなで田植え開始!

 

 

どではら会のゆるキャラ「どでっとさん」は子どもたちに大人気!

次回どではら会との交流は7月15日(土)に「イネと生き物観察会」が予定されています。ご参加お待ちしています!

ページの先頭に戻る