きばるの甘夏みかんの取組みが始まります!

甘夏みかんの季節がやってきました♪

甘夏みかんの取り組みは

3月1回(2月27日からの週)~スタート!!

「生産者グループきばる」は、熊本県の水俣、芦北(あしきた)、御所浦(ごしょうら)で甘夏みかんを作る生産者団体です。「生産者グループきばる」と生活クラブの関係は共同購入活動を通して約40年続いています。

 

 「被害者が加害者になってはならない」・・・水俣病で漁ができなくなった人たちが始めた甘夏みかんの栽培。当初は農薬の散布で具合の悪くなる生産者もいたそうです。公害被害者が農薬をかぶりながら作った生産物を消費者に食べさせるなんて・・・。そう考え農薬を減らし安心して食べられる甘夏を作ってきました。現在も無農薬栽培に挑戦しています。

 夏までに弱い農薬を少しだけ使い、実が大きくなり始めてからは使いません。だから多少皮に黒いぷつぷつがあったりするものもあります。見た目が悪いと一般の市場ではあまり売れないので、産直での販売と私たち生活クラブでの取り組みがほとんどです。でも、食べる人にやさしく、皮を使ってジャムやピールを安心して楽しむこともできます。さらに、有機肥料をたっぷり使って育てているから、味が濃く、香りも強いと評判です。

 

公害のこと、農薬のこと、そして環境問題へ思いを馳せながら・・・

今年もおいしい甘夏みかんをいただきましょう!

※取り組み後半は他産地の甘夏みかんも入る予定です。

 

甘夏ミカンを使ったレシピの検索はこちらからどうぞ

生活クラブのレシピ大事典→http://www2.seikatsuclub.coop/recipe/

これいいクラブ→http://koreii.jp/

ページの先頭に戻る