せっけんのこと、もっと知ってください。7月はシャボン玉月間です。

 

シャボン玉月間とは…

協石連(※)が「安全性に不安のある合成洗剤の使用をやめて、石けんを使いましょう!」と毎年7月をシャボン玉月間と設定しました。地域の人々へ石けんの利用促進を呼びかけたり、協石連参加団体が一堂に会するシャボン玉フォーラムの開催や学習会などを行っています。また、自治体にも働きかけ首長に活動へのメッセージを依頼します。

※協同組合石けん運動連絡会の略=石けん運動に取り組む全国の協同組合(生協・農協・漁協)の連絡組織。

  

石けんと合成洗剤の違い

本来なら混ざり合わない油と水を混ぜ合わせて、汚れを落とす働きのあるものを界面活性剤といいます。石けんは、動植物の油脂と脂肪酸ナトリウムまたは脂肪酸カリウムを原料に作られた界面活性剤です。それ以外の助剤が使われ、高温・高圧をかけ製造されたものは合成界面活性剤=合成洗剤です。

石けんは、体に入っても害がなく、環境中に排出された後はすばやく分解するので、体にも環境にも優しいのです。

 

あなたの家には何種類の合成洗剤がありますか?

洗顔フォーム・はみがき粉・シャンプー・リンス・ボディーソープ・ハンドソープ・食器洗い洗剤・食洗器用洗剤・換気扇用・洗濯洗剤・お風呂洗い洗剤・カビとり剤・窓拭き用・洗車用・ペット用シャンプーetc.…場所ごと、用途別に、色々な洗剤を用意していませんか?

実はせっけん生活はとっても経済的!!

固型せっけん・粒状せっけん(粉せっけん)・酸素系漂白剤・炭酸塩など、数種類そろえれば、一種類を色々な場面で使いまわしたり、組み合わせて使ったりできます。

例えば生活クラブの固型せっけんは無添加・無香料なので、洗面所では手洗い・洗顔用に、台所では食器洗いに、浴室では全身すっきり、赤ちゃんにも使えます。粒状せっけんも洗濯だけではなく、換気扇洗いやトイレ掃除など、家中のお掃除に使えます。何種類も買わなくて済むのでとても経済的です。

 

ハミガキ後に、お茶の味が変だなと感じたことありませんか?

 それは、市販品のハミガキ剤に含まれる発泡剤(合成界面活性剤)が、味を感知する味蕾細胞を麻痺させるからです。

いつもは生活クラブのハミガキ(発泡剤不使用)を使っている組合員が実際に市販のハミガキ剤で試してみました。

「磨き始めから口の中がヒリヒリして痛かった。そのヒリヒリ感はしばらく残ってたわ。磨き終わってお茶を飲んだけどお茶の味がよく分からなかった~。生活クラブのハミガキではそんなこと全然ないのに!」

 

~取材こぼれ話~

最近ドラム式洗濯機を使う人が増えてきたようですね(^_^)

「せっけんは使わないように」と説明書に書いてある機種もあるようですが、せっけんについて栃木の組合員に取材したところ、「ドラム式でも元気にせっけんを使い洗濯してます!!」というお話を何人もの組合員から聞くことができました。詳しくお知りになりたい方はお問合せください。

お問合せ  生活クラブ栃木宇都宮センター  TEL 028-657-8161

ページの先頭に戻る